乳がん検診

市町村検診(川越市)

市町村が40歳以上の住民を対象にして行っている検診です。
川越市ではマンモグラフィによる乳がん検診を2年に1回受診できるように実施しています。当院でも個別検診と言って委託医療機関として実施できます。
詳しくは川越市のホームページや広報をご覧ください。

(予約時には「川越市乳がん検診」より予約をお願いします。)

乳がん2次検診

自治体検診や職場検診、人間ドックにて要精密検査と診断された方が受診されま す。保険適応の診察で、いずれの方も受診出来ます。精密検査の後、針生検などの細胞や組織検査を行うことがあります。

(予約時には「初めの方」または「受診歴のある方」より予約をお願いします。)

自費検診

職域検診と個人検診に分かれています。職域検診とは勤務先の組合や事務所で行っている検診で勤務先に問い合わせてください。個人検診では検査内容を自由に選択することが出来ます。費用はかかりますが、年齢を問わず誰でも自由に受けられます。

自費検診費用

診察とマンモグラフィ診断
5,000円(詳しくはこちら)
診察と超音波診断
5,000円(詳しくはこちら)
診察とマンモグラフィと超音波による総合診断
10,000円(詳しくはこちら)
検査
診察とマンモグラフィ診断
費用
5,000円
詳細
この検診の目的はマンモグラフィと視触診で乳癌を発見します。50歳以上の年齢の方や乳腺濃度の低い方にお勧めできます。乳腺内に石灰化を伴う方では、他の検査では判定困難な病変を早期に確認することが出来ます。
検査
診察と超音波診断
費用
5,000円
詳細
この検診の目的は超音波検査(エコー)と視触診で乳癌を発見します。放射線の被爆や疼痛が無く、簡単に検査を受けることが出来ます。乳腺高濃度が多い若い年齢の方にお勧めできます。しかし、乳がんに伴う石灰化や乳腺症の強い方の診断をすることが難しい面があります。
検査
診察とマンモグラフィと超音波による総合診断
費用
10,000円
詳細
この検診の目的はマンモグラフィと超音波(エコー)と視触診にて癌を発見します。乳腺専門医が行う総合診断となり最も信頼がおける検診方法です。乳がんの有無について出来る限り正確に診断を求める方に勧められます。2つの検査と診断説明までに約1時間で終了します。乳がん検診をされる方はこの方法を選ばれることをお勧めします。

Breast awareness
(ブレストアウェアネス)

この言葉は、ご自分の乳房の普段の状態を知っておいてくださいとの意味です。普段の乳房の形や大きさ、硬さなどを知っておくことで少しの変化に気が付くことがあります。その小さな変化を感じることが大切だといわれています。乳房の変化を感じたら早めにGP(general practitioner;家庭医日本の制度ではありません、日本では乳腺クリニックでしょうか)の元で診断を受けてくださいとされています。
今までの自己触診だけに頼らずに乳房周辺を含めた観察を勧めています。