乳がん検診

市町村検診(川越市)

市町村が40歳以上の住民を対象にして行っている検診です。
川越市ではマンモグラフィによる乳がん検診を2年に1回受診できるように実施しています。当院でも個別検診と言って委託医療機関として実施できます。
詳しくは川越市のホームページや広報をご覧ください。

(予約時には「川越市乳がん検診」より予約をお願いします。)

乳がん2次検診

自治体検診や職場検診、人間ドックにて要精密検査と診断された方が受診されま す。保険適応の診察で、いずれの方も受診出来ます。精密検査の後、針生検などの細胞や組織検査を行うことがあります。

来院時には、検診結果を持参してください。

(予約時には「初めの方」または「受診歴のある方」より予約をお願いします。)

自費検診

職域検診と個人検診に分かれています。職域検診とは勤務先の組合や事務所で行っている検診で勤務先に問い合わせてください。個人検診では検査内容を自由に選択することが出来ます。費用はかかりますが、年齢を問わず誰でも自由に受けられます。

診察とマンモグラフィ診断
(詳しくはこちら)
診察と超音波診断
(詳しくはこちら)
診察とマンモグラフィと超音波による総合診断
(詳しくはこちら)
検査
診察とマンモグラフィ診断
費用
5,500円
詳細
この検診の目的はマンモグラフィと視触診で乳癌を発見します。50歳以上の年齢の方や乳腺濃度の低い方にお勧めできます。乳腺内に石灰化を伴う方では、他の検査では判定困難な病変を早期に確認することが出来ます。
検査
診察と超音波診断
費用
5,500円
詳細
この検診の目的は超音波検査(エコー)と視触診で乳癌を発見します。放射線の被爆や疼痛が無く、簡単に検査を受けることが出来ます。乳腺高濃度が多い若い年齢の方にお勧めできます。しかし、乳がんに伴う石灰化や乳腺症の強い方の診断をすることが難しい面があります。
検査
診察とマンモグラフィと超音波による総合診断
費用
10,500円
詳細
この検診の目的はマンモグラフィと超音波(エコー)と視触診にて癌を発見します。乳腺専門医が行う総合診断となり最も信頼がおける検診方法です。乳がんの有無について出来る限り正確に診断を求める方に勧められます。2つの検査と診断説明までに約1時間で終了します。乳がん検診をされる方はこの方法を選ばれることをお勧めします。

乳がん検診以外に受けられる検診

「川越市特定健診」

料金:無料
健診項目

☆電話にて、または受診時にお申し込みください。
※特定検診はご相談させていただくとこが多いので、インターネット予約ではお受けできません。
☆心電図検査を希望される方は別途500円が必要になります。

「川越市大腸がん検診」

料金:300円
検診項目

☆電話にて、または受診時にお申し込みください。
☆採便容器をお渡しします。

「川越市肝炎検診」

料金:無料
検査項目

☆電話にて、または受診時にお申し込みください。
☆他の健診の採血時に一緒に行うことができます。

詳しくは川越市特定健診のホームページを参照してください。
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/kurashi/kokuminkenkohoken/sonota/tokuteikenshinshido.html

ブレストアウェアネス【乳房を意識する生活習慣】
Breast awareness

ブレストアウェアネスは女性が乳房の状態に日頃から関心を持つことにより、乳房の変化を感じられたら速やかに医師に相談するという行動を身に着けることを言います。
これには4つの基本行動があります。

  1. 乳房の状態を知る(見て、触って、感じる:乳房チェック)
  2. 早く乳房の変化に気づく(しこり、皮膚のへこみ、乳頭分泌)
  3. 乳房の変化に気づいたら医師に相談する(身近な医師に気軽に受診)
  4. 40歳以上になったら乳がん検診を受ける(忙しくても各地域の情報を収集)

上記の【乳房を意識する生活習慣】を身に着けるために健康教育を受けることを勧めています。