院長紹介

医療法人 川越ブレストクリニック

院長

山田博文Hirofumi Yamada

略歴

信州大学医学部卒業
埼玉医科大学総合医療センター第2外科
癌研究会附属病院外科
カリフォルニア大学サンフランシスコ校外科
埼玉医科大学総合医療センター外科、講師
赤心堂病院外科、副院長
川越ブレストクリニック開院

資格

日本外科学会指導医 専門医
日本乳癌学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(AS)
乳がん検診超音波検査実施・判定医師(A)
がん治療認定医
日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構教育セミナー受講
乳房再建用エキスパンダー責任医師登録
埼玉乳がんケアサポートグループ(SBCCSG)理事

業績・論文

  1. Hirofumi Yamada, Kenichi Inoue, Nagai SE, , et al; A Real-World Retrospective Cohort Study of Combined Therapy with Bevacizumab and Paclitaxel in Japanese Patients with Metastatic Breast Cancer. J Nippon Med Sch, 84,215-223,2017
  2. Kei Kimizuka,Kenichi Inoue, ,Hirofumi Yamada, et al:Multicenter observational Study of Fulvestrant 500 mg in Postmenopausal Japanese Women with Estrogen Receptor-Positive Advanced or Recurrent Breast Cancer after Prior Endocrine Treatment. J Nippon Med Sch, 86, 165-171, 2019
  3. Kenichi Inoue, Jun Ninomiya, Hirofumi Yamada, et al; Eribulin,Trastuzumab, and pertuzumab as first-line therapy for patients with HER2-positive metastatic breast cancer: a phase II, multicenter, collaborative, open-label, single-arm clinical trial Investigational New Drugs online 08 Mar 2019
  4. Kenichi Inoue, Tsuyoshi Saito, Hirofumi Yamada, et al; Phase II clinical study of eribulin monotherapy in Japanese patients with metastatic breast cancer who had well-defined tazane resistance. Breast Cancer Res Treat, 157:295-305,2016

業績・発表

  1. 第15回日本乳癌学会関東地方会
    「乳がん骨髄転移に対してパルボシクリブが効果のあった1例」
    2018.12.1 大宮ソニックシティ 山田博文、黒田徹、島田志保
  2. 第50回埼玉群馬乳腺疾患研究会
    「Glycogen-rich cell carcinoma 再発乳癌患者に対するオラパリブ療法が著効した1症例」
    2019.5.11 大宮ソニックシティ 山田博文、黒田徹